返品

飲み過ぎても良くない青汁

青汁は体にいいし、美容にも効果的でなら、毎日たくさん飲めばいいのではないかと考える人がいるかもしれません。
お肉付きの有名人が、その発想から、毎日大量の野菜ジュースを飲んだ結果、著しく健康を損なうということがありました。

どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。
原因は摂取のしすぎです。

私たちも青汁を飲む際には注意しないといけません。
一日に一杯から二杯とメーカーが決めていることにはきちんとした根拠があるのです。

飲みすぎは栄養の偏りを招きます。
しかも青汁は栄養価が高いので、毎日五杯も六杯も青汁を飲むとなると、偏り方も半端ではなくなります。

青汁に含まれるビタミンにビタミンA、D、Eなどが含まれていますが、実はこれらは体内に蓄積しやすいものなのです。

これが溜まりすぎるとどうなるかというと、頭痛、嘔吐、下痢などにつながるというわけです。
体にいいものであっても自分の気分でたくさん摂取すると体を壊す原因になってしまいます。
ですから気をつけなければなりません。

コンスタントに決まった数を飲み続けていく、これこそが青汁の効果を最大限に引き寄せる方法です。
せっかく摂取するなら、最大限に効果が出る仕方で摂取するのが賢明です。


このページの先頭へ