返品

青汁に使われている葉とはどんなもの?

青汁は野菜100%の飲み物です。
ではどんな野菜が使われているのでしょうか。
主に使われるのは三つの野菜です。

一つ目が明日葉です。
その生命力ゆえにこの名前が付いているわけですが、明日葉はセリ科の植物で暖かいところで育ちます。

主な栄養素はβカロチン、ビタミンB2です。
もう一つの原料が、大麦若葉です。
良く聞く大麦若葉ですが、簡単にいうと、大麦の若い葉っぱであり、大麦若葉という特別な植物があるわけではありません。

大麦若葉の特徴はビタミンB群が豊富であることです。
それに加えて食物繊維が非常に豊富に含まれています。

これにより、便秘がちな人には一番向いている青汁原料であると言えます。
実際に便秘の人が一日で便秘を解消できたという口コミもあるほどです。
ですから確実な効果を期待することができます。
また葉酸、ポリフェノールなども豊富に含みます。

最後がケールです
これが一番メジャーな青汁の原料となる野菜です。
ケールはアブラナ科です。
野菜の王様で、ビタミンA、Bが豊富に含まれています。
目の疲れにもよく効きます。

またビタミンEには抗酸化作用があるので、老化防止に役立ちます。

大体、この三つが青汁の原料となる葉っぱです。
特徴を覚えておくのは大切です。

このページの先頭へ