返品

青汁ってケールを使用しているのか?

青汁はまずいです。
どうしてかというと理由は簡単、野菜100%だからです。
問題は何の野菜からできているかという点ですが、主に三つの種類に分かれます。

原料となるのは、ケール、明日葉、大麦若葉です。
それぞれ特徴が違うので、自分に合わせて選ぶことができますが、人気が高くほとんどのメーカーが利用しているのがケールです。

ケールは野菜の王様と呼ばれるほど、栄養価が高いです。
食物繊維はもちろんのこと、ビタミン、ミネラルなどが大量に含まれます。

王様だけあって、他の野菜に比べると、数倍も数十倍も栄養素が含まれます。
アブラナ科に属するもので、最近では自宅で栽培する人も増えているほどです。

ケールを使った青汁で期待できる効果もたくさんありますが、ビタミンAは基本的に目に働きかけてくれます。
パソコンでの仕事をしている人、また毎日ネットやスマホ、タブレット漬けの生活を送っている人には目の栄養を与えるという点で、ケールの青汁がおすすめです。
他にも肌に良いとされるビタミンCや誘導体であるビタミンK、他にも抗酸化作用によって、体の老化やサビを防ぐビタミンEなど様々な効果を期待することができます。
ケールからできた青汁にはたくさんの効果があるのです。

このページの先頭へ